2019/06/22 8111F『クラブツーリズム団臨』

6月22日に、クラブツーリズム主催で『プレ群馬ディスティネーションキャンペーン 昭和生まれの名列車が1日限りの夢の競演!485系「やまどり」と東武鉄道8000系セイジクリーム』が催行されました。

 

東武伊勢崎線伊勢崎駅スカイツリーライン・北千住駅までは、東武博物館所蔵の動態保存車8000型8111F(セイジクリーム塗装)が使用されました。

 

8111Fの伊勢崎への入線は、2016年10月2日以来となりました。

 

また、セイジクリーム塗装に変わってから「臨時」表示で走行するのは今回が初めてとなりました。(ここ最近は、たびじ幕の安売りが続いてましたので…)

 

 

臨5324レ

f:id:JBUS2017:20190622205553j:plain

 

2019/04/16 61610F乗務員訓練

4月27・29・30日に運転される臨時列車「春の花めぐり号」の乗務員訓練が、七光台→東武動物公園~館林(3往復)→七光台で行われました。

 

60000系が伊勢崎線を走行するのは、2014年12月7日「60000系で行く東武ファンフェスタ号」以来と思われます。

 

 

試7596レ 61610F

f:id:JBUS2017:20190416203403j:plain

 

 

試7597レ 61610F

f:id:JBUS2017:20190416162648j:plain

 

 

館林地区での撮影も魅力的ではありましたが、時間の都合でこの2ヶ所で1往復のみ撮影しました。

 

暖かくなり、すっかり夏光線ですね。

 

電車を流し撮りするのは久々でしたが、無事にLED表示も止めることが出来てよかったです。

2019/03/25 8570F+8565F救援回送

お久しぶりです。

今年に入って1回くらい更新してたような気がしてましたが、今年初更新のようです。

鉄道を撮影することも以前に比べて格段に少なくなってしまいました…。

 

さて、3月25日に大師線8570F車両故障に伴い、西新井→北春日部で救援回送が行われました。

8570Fの後部(上り方)に、所定では午後から大師線を走る予定だった8565Fを連結して、8000型のブツ4が組成されました。

8000型のブツ4はかなり久々だったと思われます。

 

 

8813レ 8565F+8570F

f:id:JBUS2017:20190326210647j:plain

 

11633F 野田線転属準備

f:id:JBUS2017:20181220190012j:plain

f:id:JBUS2017:20181220190021j:plain




 

もう1ヶ月ほど前ですが、春日部支所で野田線への転用工事が行われている11633Fを見て来ました。

現在は、帯色が野田線カラーに変わり、ロゴマークも貼られたようです。

春日部支所なんて数年ぶりに行きましたが、防犯カメラ作動中だの物々しい看板が沢山ついていて、何時からこんなことになったんやらと思いました。

2018/12/02 東武ファンフェスタ2018

写真の編集がエラーばかりで面倒になって後回しにしてしまっていましたが、2週間前に開催された「東武ファンフェスタ2018」についてです。

 

毎年12月上旬に久喜市南栗橋車両管区で開催される東武ファンフェスタ。

今回は車両撮影会には参加せずに、物販と展示をメインに楽しんできました。

 

 

〇休憩用車両

8111F(東武博物館所蔵・動態保存車)

…2011年以降、毎年車両撮影会にて展示されていた8111Fが今年は休憩用車両としてイベントに登場しました。

昨年まではイベントで拝むことのできなかった下り方向の先頭車を撮影出来ました。

ホロ付きの姿は上り方に比べて引き締まって見えます。

f:id:JBUS2017:20181217181307j:plain

f:id:JBUS2017:20181217181318j:plain

 

 

〇入場線

208F(プユマ編成)

…11月20日南栗橋工場に入場した、特急りょうもう号200系208F。

2015年から台鐡プユマ号ラッピングが施されていましたが、期限満了に伴い入場に合わせてラッピングが解除されました。

真っ白なりょうもう号を見たのは初めてでした。

f:id:JBUS2017:20181217181552j:plain

 

 

2018/12/03 81118F廃車回送

 

臨回5633レ

f:id:JBUS2017:20181209165839j:plain

 

 

時系列が前後しますが、こちらの写真を先に紹介します。

 

12月3日、南栗橋車両管区新栃木出張所の81118Fが、新栃木→春日部→北館林の経路で資材管理センターに廃車回送されました。

81118Fは主に東武宇都宮線で使用されていた車両で、ワンマン運転に対応した4両編成です。

20400型のデビューにより、新栃木所属の8000型は2編成を残すのみとなりました。

2018/11/18 メトロファミリーパークinAYASE 2018

東京メトロ千代田線綾瀬車両基地

メトロファミリーパークinAYASE 2018

 

f:id:JBUS2017:20181120224416j:plain

 

 

【車両展示】

f:id:JBUS2017:20181120223345j:plain

 

 

★千代田線6000系 6130F

f:id:JBUS2017:20181120223502j:plain

 

 

有楽町線副都心線7000系 7130F

f:id:JBUS2017:20181120223612j:plain

 

 

北綾瀬支線5000系 5951F

f:id:JBUS2017:20181120223735j:plain

 

 

★千代田線6000系×副都心線7000系

f:id:JBUS2017:20181120223859j:plain

 

 

北綾瀬支線5000系×千代田線6000系

f:id:JBUS2017:20181120224244j:plain

 

 

副都心線開業10周年ヘッドマーク

f:id:JBUS2017:20181120223955j:plain

 

 

★千代田線6130Fさよならヘッドマーク

f:id:JBUS2017:20181120224104j:plain

 

 

北綾瀬支線5000系ヘッドマーク

f:id:JBUS2017:20181120224345j:plain

 

 

【千代田線6000系乗車体験】

千代田線6000系 6102F

f:id:JBUS2017:20181121103009j:plain

 

 

 

招待を受け、先日開催された「メトロファミリーパークinAYASE 2018」に参加してきました。

過日、最終営業運転を行った綾瀬車両基地に所属する千代田線6000系の実質的なさよならイベントとなった今年のメトロファミリーパークinAYASE。

車両展示(撮影会)では、最後まで残った6000系2編成(6102F,6130F)が並んで展示されるのかと思っていましたが、6000系を中央に配置し、左右を5000系、7000系で囲むという展示でした。これを当日にSNSで写真を確認した際は驚きました。

5000系は2014年に引退していますが、現在も綾瀬に留置されており、6000系と共に千代田線の一時代を築いた車両です。

7000系和光検車区に所属する副都心線有楽町線用の車両で、見た目でわかるように6000系とほぼ同仕様となっています。

普段は所属先の和光に検査設備が無い為、定期検査を綾瀬まで回送されてきて行っています。営業運転では顔を合わせる機会が無い、兄弟車両の6000系7000系ですが、そうしたときのみ顔を合わせました。

今回展示された7130Fは、定期検査入場ではなく、今回のイベント展示のために和光から回送されてきました。

同じく展示された今回のメインである6000系6130Fと数字を合わせるためか、7000系も第30編成の車を持ってきたあたりは流石ですね。

 

そして、展示されると思っていた最後まで残った6000系のもう1編成 6102Fは、乗車体験用車両としてイベントに展示されていました。

さよなら臨時運行を終えた今、日本で6000系に乗車できるのはこの体験乗車が本当に最後ですね。

数百メートルを行ったり来たりしていましたが、その都度LED表示が変えられ、多くの撮影者がカメラを向けていました。撮影時は、多摩急行柏表示でした。