日々のかがやきに彩りを添えて

こりんの鉄道にっき

2017年を振り返る No,3

 

★300型引退

新型特急リバティ運転開始に伴い、300型が引退となりました。

300型は1800系からの改造車で構成されていて、1973年製造ですので今年で34年目でした。

300型の定期運用は、平日の夜運転される特急きりふり号(浅草~春日部・南栗橋)のみでしたが、多客期には臨時特急きりふり号・ゆのさと号として走ることもあり、私鉄唯一の夜行列車である特急尾瀬夜行、スノーパル2355にも充当されていました。毎年7月には都内の中学校の集約臨時列車として走ることもありました。

今春導入された特急リバティにより、平日夜の特急きりふり号がスカイツリーライナーで実質的な置き換えとなりました。

多客期の臨時特急きりふり号と夜行列車、夏の集約臨時列車は、300型の短編成バージョンである350型による置き換え。

多客期の臨時特急ゆのさと号は、実質的に廃止となりました。

 

 

<廃車回送日・廃車編成>

2017/04/19 302F

2017/04/27 301F

 

 

302F  臨時特急きりふり号が6両編成の300型で運転されるのは、GW、お盆、紅葉シーズン、年末年始が中心でした。

f:id:JBUS2017:20171208230405j:plain

 

 

302F  臨時特急ゆのさと号

f:id:JBUS2017:20171208231857j:plain

 

 

301F  夏の中学校集約臨時列車をはじめ、団体輸送での活躍も目立ちました。

f:id:JBUS2017:20171208230622j:plain

 

301F  平日の特急きりふり号は、回送電車として走っている時間の方が長い特徴的な運用でした。

○北春日部→浅草→→春日部→北春日部→浅草→→南栗橋→北春日部△

※→…回送区間、→→特急きりふり号区間

f:id:JBUS2017:20171204000158j:plain

 

 

301F  末期は年に1度となっていた伊勢崎線走行。

f:id:JBUS2017:20171208231521j:plain

 

 

 

もし今後リバティが増備されるとなれば、300型の生き残りとも言える350型の存続も危ぶまれます。

6両編成で走る姿はもう見れませんが、4両編成の350型ならまだまだ毎日走っていますので、今のうちなのかもしれませんね。